岡山で検索ランキングNo.1

安心の完全予約制

ご予約・お問い合わせ

090-2013-5822

受付:08:30~12:00 /14:00~20:00
<営業日>月~土曜日 <休診日>日曜日・祝日

気功整体ナビ

食べ物で気を増やす「食養」

食養

岡山市のYさんが語る地丹法は仙人の修行法「気功仙道法」の一つで、食養の別名通り気エネルギーが豊富な食べ物を食べて元気になろうという食事法です。

 

食養は一番簡単に始められる気功法の一つだと岡山市のYさんは言います。

気功に大事な気を養う食べ物として、おくら、納豆、やまいも、わかめ、昆布、寒天などを岡山市のYさんが挙げてくれました。

 

他にも、中国や東南アジアでは、ウツボや雷魚などヌルヌルした魚類たちも、精力が高まると言われ常食されていると岡山市のYさんは語ります。

岡山市のYさん曰く最初からゼリー状のものは生体エネルギーの結合力が高くすべて精力になる、これは食養という気功の基本だと。

 

身体を整える血液浄化のお勧めは緑豆やモヤシで、貧血予防のお勧めは小豆だと岡山市のYさんは語ります。

 

生理現象で血が出てしまう女性には、生理前にはモヤシ類を摂取して気功を行い浄化しておく事で下血が楽になり、生理後に小豆を摂取する気功を行い造血することがお勧めだと岡山市のYさんが言います。

 

岡山市のYさん曰く食養という気功を語る上で欠かせないのが、東洋医学で最も重要な薬剤である生姜が挙げられます。

岡山市のYさんの言葉から、漢方薬の8割は生姜で成立する言われるほどで、気功のためにはまめに摂るといいでしょう。

 

また、気功に必要な気の回路を使うための原動力となるのが、ビタミンB群やビタミンC、ミネラルだと岡山市のYさんは言います。

これらは脳のサビを落として本来の気功の力を発揮するための部品となります。

 

 

最後になりましたが、上でお伝えした食材より先に食べて欲しいものがあります。

デトックス効果のある「玄米」を続けることで第二の脳と言われる腸のデトックスとなり活性化に繋がるのです。

アクセス

いざなぎ気功・整体療術院
(伊弉祇整骨院)

〒700-0816
岡山県岡山市北区富田町1丁目2-4
笹山マンション 601

090-2013-5822

営業時間:8:30~12:00 / 14:00~20:00
(月~土曜日営業)
定休日:日曜日・祝日
詳しいアクセスを見る