岡山で検索ランキングNo.1

安心の完全予約制

ご予約・お問い合わせ

090-2013-5822

受付:08:30~12:00 /14:00~20:00
<営業日>月~土曜日・祝日 <休診日>日曜日

気功整体ナビ

抗酸化作用のある重曹、クエン酸は命を救う!

むくみ体の不思議内臓の働き生活習慣病気腸内環境重曹とクエン酸

重曹はガンや、放射能被爆、インフルエンザA・B型、肝機能障害、アレルギー疾患、虫歯まで、ありとあらゆる病気を改善する効果が認められる。

 

重曹の効能はいろいろ聞いていますが、癌にも効果が高いとは驚きです。

 

癌は自分で気軽に予防する事ができて、おまけにこの重曹で回復すると噂されています。

 

ほとんどすべての癌は重曹で回復すると言われています。

 

余命数ヶ月と言われていた肺ガンを病を患っている方は、その重曹で改善され今や15年過ごしていると聞いています。

 

重曹を使えば、意図して抗癌剤を使う必要はない。

 

どんな訳で抗癌剤が使用されているのかといいますと、医薬品が世界規模で経済的に潤うためであり、その事実は明らかになっているようです。

 

間違いなく、全ての癌が重曹で改善することをイタリアの科学研究者が調査し発表した所、暗殺されてしまったという噂もあります。

 

抗がん剤は、カラダを蝕み、高額なお金を払い、命を縮め、癌が回復したとしても、抗がん剤を投与したために、癌の再発がなお一層高くなってしまう危険性があります。

 

 

肺がんを患った方の重曹の取り方

 

  • 小さじスプーン1杯の重曹に、約60mlの水で薄めます。(ヤクルトの容器ぐらいの量)
  • 20パーセントに薄めた重曹水でウガイを行ないます。
  • その残りの少しの量を飲みます。

 

なかなか塩味の効いた味がするでしょうが、実行する価値はあるようです。

 

実践していると、鼻の奥の痰が時とともに出てきて鼻がすっきりとします。

 

このことから、あくまで推測に過ぎませんが、”呼吸器系疾患”にも効果があるかも知れません。

 

いわゆる、肺炎やコロナウイルスなどを予防できるかも?

 

あくまで仮説ですが・・・

 

 

クエン酸は、人のベストな体の状態、弱アルカリ性に近づける

クエン酸は、クエン酸回路(※1)に刺激をあたえるのに価値のある成分であって、疲労を回復させるには重要になる成分となっている。

 

疲労をいち早く回復する以外にも、クエン酸は血液をサラサラにする効果があり、低血圧や動脈硬化を抑制する働き、それに加えてミネラルの吸収を加速させる働きなどたくさんの健康効果を発揮します。

 

クエン酸は食品であって、病気が改善するとPRをしてしまうと薬事法違反になってしまいますが、ほぼすべての病気はクエン酸をじょうずに使えばかなりの予防効果効能が期待できます。

 

人間の体が病気になると酸性に傾きます、クエン酸は、特に糖尿病には効果を発揮すると言われています。

 

副作用もなくて、割安なのでとにかくおススメします。

 

 

クエン酸回路とは(注釈1)

生きることに必要な活力を製造し、脂肪や乳酸を細分化し、活力あるパワーに変化させる。

 

 

 

 

カラダを弱アルカリ性に変えるものが存在すればベストな治療薬になるのですが、WHOに記載されている約1500食品、薬品原材料表がある中から弱アルカリ性に実現できるのは、唯一”クエン酸”だけなのです。

 

また、食品がカラダの中でクエン酸に移り変わってエネルギー化していく周期を明らかにしたイギリスの科学者は、”クエン酸サイクル理論”を公開してノーベル賞を受賞した。

 

過去に、日本医師会の会長のところにクエン酸の凄い効果を、国連大学名誉教授が発表したところ、会長は、「もしもクエン酸が今の時代に拡散したら、医師も医療機関も薬局も廃業せざる負えない、クエン酸に勝るものは無いのはすでに気づいている、それに対しては安過ぎてビジネスにならない、なによりも、医師が不必要になるので、問題外だ」と答えたという。

 

 

重曹ドリンク(炭酸水)の作り方

一人用(コップ1杯程度)

<原材料>

  • 重曹(食品用):小さじ1/2(2.5グラム)
  • クエン酸(食品用):小さじ1/2(2.5グラム)
  • 水:200ml(コップ1杯程度)
  • お好みによって:レモン、ハチミツなどなど

 

酸味がある味の良い炭酸水ができます。

 

1日1度で大丈夫ですが、胃腸の具合のよくない方は炭酸水を薄めてお飲みください。

 

重曹とクエン酸はずっと前から暮らしの知恵として全国的に知られていたようです。

 

ある企業の実験結果からも、A型インフルエンザ予防に重曹とクエン酸の効果があることを証明している。

 

 

重曹、クエン酸はどういう理由で合わせて飲用した方が良いのか?

重曹、クエン酸を別々に飲む人がいらっしゃるのですが、合わせて飲用することをおススメします。

 

重曹(炭酸水素ナトリウム)は第2類医薬品「太田胃散」「キャベジンコーワα」「パンシロン キュアSP錠」「パンシロンG」などにも使用されている胃薬で、暴飲暴食や胃酸が出てくることによる胃の炎症を抑制する役割を果たしてくれます。

 

このことから、重曹(炭酸水素ナトリウム)は、カラダを改善できる”薬品”と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重曹はアルカリ性ですからカラダを中和し、弱アルカリ性に近づけてくれるのです。

 

しかし、なんといっても化学物質であるのはまぎれもなく、また胃酸を抑制する働きが、胃の重要な時に胃酸が出ない状態になってしまいます。

 

そこでクエン酸が必要になるのです。

 

クエン酸はその名の通り酸性ですから、胃液の分泌を促します。

 

クエン酸はカラダの中に入りしばらく経過すると、アルカリ性に変化します。

 

この働きから、カラダの中の”酸化”を予防できるのです。

 

重曹の良い作用とクエン酸の良い作用が相まって、抗酸化作用が期待されているのです。

 

これらの前に基本となるのが自分に合った”食生活の改善”を行い、重曹やクエン酸の効果が倍増するでしょう。

 

 

食べ物の”抗酸化作用”で老化現象を防止する

酸素がカラダの中で食べ物をエネルギーに変えるときに活性酸素がおこります。

 

過度に発生するとカラダの中の酵素や細胞膜をサビてしまいます。

 

活性酸素は血管の中で悪玉コレステロールとなるLDLを酸化させてしまい、血管内の混入物を取り入れる作用をするマクロファージと結びつき、血管の内部に蓄積して動脈硬化が生じる原因に陥ったり、癌や成人病など、さまざまな病気が発生する原因になると言われています。

  

この活性酸素に抵抗を示して取り去りくれる根源が抗酸化物です。

 

抗酸化作用は加齢に伴って少なくなるので、老化となる原因の一例と言われています。

 

 

この他に活性酸素の除去に有力なのが”コエンザイム”です。

コエンザイムQ10の1日の補給基準量は100mgといわれていますが、食べ物からでは1日約4.5mgしか補給できないのです。

 

食べ物から対処しようとしても、100グラムのコエンザイムを補給するとすると、 イワシだとだいたい20尾、牛肉だとだいたい3kgも食すことが要求されます。

 

食品だけではどうしても補充しきれません。

 

そこで”コエンザイムQ10”のサプリメントを併用するのも良いでしょう。

 

まとめ

過度な活性酸素は、私たちのカラダに不具合が出る影響を与えます。

 

体調不良や今の社会の環境下では、一時的に重曹やクエン酸、体のサビを落とす活性酸素除去を取り入れることは良いかも知れません。

 

しかしながら、抗酸化作用のある栄養成分の健康補助食品(サプリ)や健康食品の効果は、明らかになっていない物もあります。

 

悪くすれば、摂り過ぎが逆にカラダによくない影響が発生する可能性も考えられます。

 

思い付きで過度な健康補助食品(サプリ)や健康食品に依存せず、自分に合った食事内容や適切な運動、ストレスを溜めない生活スタイルなどを心がける事が大切なのです。

アクセス

いざなぎ気功・整体療術院
(伊弉祇整骨院)

〒700-0816
岡山県岡山市北区富田町1丁目2-4
笹山マンション 601

090-2013-5822

営業時間:8:30~12:00 / 14:00~20:00
(月~土曜日・祝日営業)
定休日:日曜日
詳しいアクセスを見る