岡山で検索ランキングNo.1

安心の完全予約制

ご予約・お問い合わせ

090-2013-5822

受付:08:30~12:00 /14:00~20:00
<営業日>月~土曜日 <休診日>日曜日・祝日

気功整体ナビ

この気功では心配いらない「偏差」について岡山市のYさんの解説

気功について気功法

岡山市のYさんの解説、偏差とはずばり気や気功の副作用の事。

岡山市のYさんが語るには偏差の反応としては、頭痛に眩暈、胸苦しさ、熱さ寒さを感じるなどの身体不調(=「走火(そうか)」と言う)や、虚無感、疲労感、不安感などの精神不安定(=「入魔(にゅうま)」)がある。

 

気功の練習をしていない危険性を岡山市のYさんに聞いてみた

岡山市のYさん曰く偏差の発生原因としては、気は、暖かい空気のように軽く上がりやすい。

 

そのため気や気功の練習をしていない人は気が拡散しているか気が少ない。

 

しかし、気功やヨガをやりすぎると、太陽光を虫眼鏡で集めたかのように気が一点集中するため、気と共に血も集まり、身体のてっぺんである脳に血が集まり充血した状態になると岡山市のYさんが言います。

 

岡山市のYさん曰くこの気功法では、気のボールの直接伝授が行われている方は、偏差が起こらないように適切な情報とエネルギーが体内にインストールされているため、偏差という問題に対してほとんど心配は少ないでしょう。

 

仮にのぼせるような感覚が起きた場合、ふーっと息を吐きながら、気を降ろす動作をするか、集まりすぎた気を抜く行為をすると良いと岡山市のYさんは言います。

 

岡山市のYさんは気功を勉強している方にとって偏差は問題であることも多いと語ります。

 

一般的に偏差を治す方法で有名なのは、下丹田か足の裏に意識を集約し、その場所を意識し続ける事で気を誘導、上がった気を下げることで改善されると岡山市のYさんがいいます。

 

このため気功法は、下に向かって降ろしていく練習を最初にやるべきだと岡山市のYさんは熱弁します。

アクセス

いざなぎ気功・整体療術院
(伊弉祇整骨院)

〒700-0816
岡山県岡山市北区富田町1丁目2-4
笹山マンション 601

090-2013-5822

営業時間:8:30~12:00 / 14:00~20:00
(月~土曜日営業)
定休日:日曜日・祝日
詳しいアクセスを見る