岡山で検索ランキングNo.1

安心の完全予約制

ご予約・お問い合わせ

090-2013-5822

受付:08:30~12:00 /14:00~20:00
<営業日>月~土曜日・祝日 <休診日>日曜日

気功整体ナビ

【ビックリ】肩コリはある疲れが理由だった…カラダを捻じってそれを動かそう!

セルフケア体の不思議内臓の働き生活習慣肩こり背中自律神経

肩コリが生じる原因の一例に「内臓が動かない倦怠感」が存在しているのをご存知でしたか?

 

カラダを楽にするのに整体に行ったけれども2~3日過ぎるとすぐに疲れが発生してしまうことありませんか?

 

ひょっとすると「内臓の疲労」からくる要因が多いんです。

 

 

肩コリは生活環境が元となる姿勢やイライラ感が影響を及ぼして、筋肉が凝り固まって出現するものと思っていませんか?

 

「内臓の疲労してどういう理由で肩コリになるのだろう?」と意外だと想像していますよね。

 

この「想定外すぎるコリの原因」のプロセスを下絵でご説明します。

 

 

「暴飲暴食」や「冷たい物の食べすぎ」や「カラダの柔軟性の低下」も内臓疲労感が生まれる原因になってきます。

 

内臓性能が悪くなることによりカラダの血の巡りも悪化するので、食欲がなくなり重だるさだけに限らず、肩コリのに加えてむくみだったりも発生してしまうようになります。

 

そうした場合に内臓疲れと肩や背中の凝り固まったものをごっそり緩和させてくれる「体幹捻りストレッチ体操」がおすすめです。

 

体幹の疲労感を回復していきましょう。

 

ヨガからは「三角捻じりの姿勢」と言われています。

 

「三角捻じりの姿勢」の実施方法を紹介していきます。

 

※首が痛い人は顔のは無理に捻らなくて大丈夫です、内臓が解れると良くなってくることがあります。

 

 

体幹を大きく捻じ曲げることによって内臓全部をストレッチして働きを回復させます。

 

血行が良くなり色んな臓器に酸素や栄養がスムーズに運ばれて代謝もアップ、自律神経調整の効果にもつながります。

 

肩や背中のコリだけに限らず腕の重だるさの軽減にも。

 

おまけとして胃に影響が少ない温かいものを飲むことをお勧めします。

アクセス

いざなぎ気功・整体療術院
(伊弉祇整骨院)

〒700-0816
岡山県岡山市北区富田町1丁目2-4
笹山マンション 601

090-2013-5822

営業時間:8:30~12:00 / 14:00~20:00
(月~土曜日・祝日営業)
定休日:日曜日
詳しいアクセスを見る