岡山で検索ランキングNo.1

安心の完全予約制

ご予約・お問い合わせ

090-2013-5822

受付:08:30~12:00 /14:00~20:00
<営業日>月~土曜日・祝日 <休診日>日曜日

ブログ

前向きな気持ちがわかないときは、「ヨガ呼吸法」で脳をスっきりさせましょう!

倦怠感快眠法息苦しさ脳の活性化鼻つまり

集中する力が起きない・重だるい・いつも眠い、これからの季節の移り変わる頃は、気分がすぐれないことも。

 

ヨガ呼吸法の「片鼻呼吸法」で脳をスっきりさせましょう。

 

ヨガ呼吸法の「片鼻呼吸法」とは、右と左を交互に呼吸をして意識的に調整する手法です。

 

片鼻で呼吸するのがコツとなり、一酸化窒素が血管を拡大し血の循環をよくする効果があるといわれているようです。

 

脳の増強に加えて血管にだって関与し血の巡りもよくなってきます。

 

この仕組みを、きちんと一般的になっていない“鼻のあり得ない真実”を紹介します。

 

どちらかの鼻だけを使って呼吸おこなう→鼻の中において一酸化窒素が発生し易くなる→血の巡りが円滑になり脳にどんどん酸素や栄養成分が集められて増強させる!

 

かのような機能なのです。

 

人は普通は、鼻のどちらかでしか息を行っていないようです。

 

鼻の中の乾燥を防止する為に必要で「交代制鼻閉」とされる生理状態で、自律神経が関連していると言われています。

 

それではヨガの呼吸法をご紹介します。

※指はどの指でも大丈夫、目をとじなくても構いません。

 

 

感覚さえ掴めれば5分あたり、だいたい20回やると効き目を発揮します。

 

目がクッキリして、顔の血の巡りもアップします。

 

「右と左の鼻呼吸を代わる代わる実施する」方法で自律神経が調節され、心の葛藤の抑制やよく眠れるようになったりもします。

 

脳と鼻腔の場所が接近するので、脳をよく使ったときなどは冷却する影響力あります。

アクセス

いざなぎ気功・整体療術院
(伊弉祇整骨院)

〒700-0816
岡山県岡山市北区富田町1丁目2-4
笹山マンション 601

090-2013-5822

営業時間:8:30~12:00 / 14:00~20:00
(月~土曜日・祝日営業)
定休日:日曜日
詳しいアクセスを見る