整体業は腰痛の原因を理解するのか

整体院は腰痛の原因を理解してもらえる

下肢への施術

 

腰痛の新常識を知っておく腰痛には安静が一番という考えはもう古いようです。

 

X線やMRI線の画像診断に対する絶対神話を覆す、腰痛治療診断の新常識をお伝えします。

 

原因が何にせよ、とりあえず安静でというのがまず間違い。

 

1日安静にしていれば、筋肉内のたんぱく質が約8gも失われます。

 

さらに1週間安静にするたびにカルシウムが1.54g失われ、6カ月の完全な安静によって、体内のカルシウムが40%も失われるのです。

 

腰痛が安静を原因として、悪化したといえる恐ろしい数字です。

 

血液検査やX線検査、MRI検査を実施しても、80?85%は原因疾患が特定されない非特異的腰痛で、「腰痛」と総称されます。

 

明白な原因疾患のない腰痛に対して「とりあえず安静」という考えは、予防面、治療面でも世界的に薦められていません。

 

ダラダラ安静に過ごすことが原因で、筋肉量の低下、関節が硬くなる、骨をもろくします。

 

結局安静が身体の不都合の原因になるのです。

 

さらに腰痛が注意力低下、倦怠感、睡眠障害など、心へも悪影響を及ぼす原因になるからです。

 

 

安静が薦められる特異的腰痛

 

老人に腰を押さえる施術をする女性

 

発症頻度は低いのですが、明らかな原因疾患のあるケース、特異的腰痛には安静が薦められます。

 

具体的には、骨折・腰椎ヘルニア・感染症・腰椎の腫瘍などが原因なら、病院で画像検査、血液検査でできるだけ早めに診断をしてもらうことが重要です。

 

 

痛くない巨大腰椎ヘルニアの不思議

 

医療機関でMRIやX線など画像診断により、骨の異常や椎間板の変調、骨のずれ、分離症が腰痛の原因と診断されれば、誰でも落ち込みます。

 

巨大腰椎椎間板ヘルニアが原因でも、あまり腰痛を訴えない患者さんがいます。

 

「これほど大きなヘルニアが脊髄神経を圧迫しているというのに、痛みの原因にならないのは不思議ですねえ」と、医者から言われることがあります。

 

逆に、画像所見ではたいしたことがなくても、激しい腰痛をうったえる人もいるのです。

 

検査で大きな異常がなければ、強い痛みを訴えても、医者からは「たいしたことはないので、シップを貼るだけで大丈夫です」と言われたことが原因でショックを受けることもあります。

 

 

MRI検査で問題なしでも落胆しない

 

近頃、かりにMRI診断などで異常見解があっても、ほとんどは訴える腰痛の原因の説明ができないといわれています。

 

軽度の腰椎椎間板ヘルニアの画像所見なら、腰痛の有無に関わらず、加齢とともに生じるものですが、椎間板のひずみ程度なら、20代の若年から見られる場合もあります。

 

ここまで厳しい腰痛を抱えているんだからMRI診断で原因が断定されると思って検査しても、原因が特定されるのは、5人に1人程度です。

 

痛みを訴えられる方の画像診断は、必須の検査ですが、所見が自分で感じる痛みの重病度と、あまり整合性がありません。

 

また、画像所見だけで、将来、腰痛の原因になるかどうかの判断材料にはならないので、画像所見に一喜一憂する必要はありません。
正しい痛みの評価が大切です。

 

 

他人には理解してもらえない腰痛の気持ち

 

腰痛はとてもつらいものですが、痛みやつらさはなかなか周りの人には理解してもらえず、それが原因で回復過程に影響することがあります。

 

周りの人も理解することが重要です。

 

 

回復に影響する関わり方

 

平成25年度の国民生活基礎調査においても、腰痛の悩みは男性でトップ、女性でも肩こりに次ぐ2位となっています。

 

これほど腰痛に悩む人が多いのに、原因が特定しにくいのですから、周囲でも腰痛の話題はつきません。

 

痛みの原因が何にせよ、ぎっくり腰のように突然見舞われるものと、スッキリと解消されにくい慢性的なものとがあります。

 

本人にとっては、急性、慢性に関わらず、ツライ思いをしていることには変わりないのですが、痛みのない人にはその状態は理解してもらいにくいものです。

 

周囲のひとの関わり方が原因で、回復に影響を与えている可能性があります。

 

腰痛の人の声に耳を傾けるだけで違いがでるそうです。

 

 

スッキリ完治しない腰痛にうんざり

 

急に起こるぎっくり腰は、ひどい痛みが原因で、数日間自宅で休まざるを得ない場合もあります。

 

痛みから早く解放されれば、無理に日常生活に戻ったことが原因で、またぎっくり腰を繰り返し、腰痛の再発にうんざりします。

 

ぎっくり腰の症状が周囲から理解される場合は、職場でも「ぎっくり腰が原因では無理な勤務はさせられない」と理解が得られやすいものです。

 

ところが注意が必要なのは激痛が原因で休んだ後、症状を我慢しながら日常動作ができる程度に回復へ向かう途中の痛みや、だらだらと続く慢性的な痛みへの周りの理解です。

 

 

MRI

 

 

痛みを理解されないイライラが影響する?

 

痛めた部位に激痛が続く期間は短くても、腰部の重だるさや張り感、違和感が残ったままになることがあります。

 

そのまま慢性腰痛へと繋がるケースも含め、慢性的な痛みが原因で大きな影響を受ける場合があります。

 

痛み自体に対する不安感が原因で、痛みを誘発させやすい状態に導かれることもありますが、腰痛のつらさを周囲に理解してもらえないといった苛立ちがネガティブな感情を起こさせます。

 

このようなマイナスの感情が体の緊張状態を招くサイクルへつながる原因となっているケースも少なくありません。

 

周囲の人々が、腰痛に対して過剰反応し過ぎてしまうことが原因で、腰痛に対するいき過ぎの思い込みが、慢性化となってしまうことがあります。

 

その逆としては「腰痛の不安感を分かってもらえない」という心の内が原因で重圧感となり、腰痛の人にとって大きな問題となっています。

 

このように心理的ストレスは痛みと結びつき悪化の原因となるので、腰痛の人が抱えるストレスはできるだけ軽減させることが理想的なのです。

 

 

腰痛の原因を理解してもらえる整体師とは

 

整体とはその字の如く体を整えることですが、整体師と名乗る人の数だけ整体の手法と種類があるともいわれています。

 

整形外科医のように医師という資格で認められたものではありませんが、整体師も関節や筋肉、骨格の知識は十分持つ施術のプロです。

 

MRI検査やX線検査だけで診断し、痛み止めの注射や湿布薬だけで済ませる整形外科医より、触診しながら治療を続ける整体師への信頼が厚い場合も多いようです。

 

整体師は医師ではないため、公の診断権はないといえます。

 

体を整える整体の手法として、手技療法や各種療法、道具を使い治療するものです。

 

整体や手技療法を受けるに際しては、まず医師の診察を受けることを勧める整体師が多いのも事実です。

 

なぜなら、診察や診断をできるのは医師だけだからです。

 

病院で原因と病名を診断してもらってから整体を受けるのが整体師と患者にとってベストなのです。

 

腰痛や腰の違和感の原因が生活習慣病なのか、腰痛の原因が不明の場合、もしくは病院で改善がみられない場合、整体の手技療法を受けるのがよいでしょう。

 

腰痛や肩こりの8割は原因がわからないとされていますが、病院に行かなかったことが原因で重大な病気を見逃す危険は避けるべきです。

 

腰痛の人の気持ちを察する整体師

 

MRI検査や問診などで診断結果を出せば、注射や湿布薬、投薬で済ませる整形外科医に比べ、整体師は数10分の整体の治療中、患者と長時間のコミュニケーションをとります。

 

整体師にとっては、医師の問診以上に情報収集が得られるだけでなく、患者の気持ちに寄り添うこともできるのです。

 

整体の治療中、得られた情報から腰痛の原因なり、腰痛の程度、他の部位の痛みなどの情報を得られ、整体の治療と情報収集を同時に行えます。

 

 

整体の治療院探しのチェックポイント:繁盛店かどうか

 

整体の治療院が繁盛店かどうかは重要なポイントとはかぎりません。

 

予約を取りづらいほど患者が多いとすれば、その原因は整体院の営業力に勝るものはありませんが、良い先生、良い技術とは言いがたいところもあるでしょう。

 

個々の方により感じ方や安心感で治癒力は高まっていきますので、難しいですが自分が”信頼できる治療院”と思える場所がベストでしょう。

 

 

整体の治療院探しのチェックポイント:営業宣伝

 

最近、いろいろな手法でチラシ配布やサービス券、割引など患者様集めをする整体の治療院があります。

 

今の時代、どの業種によっても営業は必要不可欠です。

 

昔のように、「あの職人さんに任せておくと安心」と言われてきました。

 

職人さんは、営業しなくてもお客様からお願いしてくることもあったかも知れませんが、今は物も個々の業種も増え飽和しています。

 

今は良い整体師さんであっても知ってもらう事には始まりません。

 

チラシやインターネットで自分が主となる原因を探し出してもらえる整体院を感じ取ることが大切です。

 

 

スーツ姿の男性が腰を押さえる姿

 

 

整体の治療院探しのチェックポイント:料金

 

整体の施術の平均料金は5000円?10,000円前後でしょか。

 

関西と関東でテナント料の関係もあり料金の開きのあるところもあります。

 

また、慰安整体や技術的なカイロプラクティックでも料金の差はあると思います。

 

しっかりとした技術系の治療院は高額であっても数回で結果がでれば時間もかからず、お金も安くつくことになります。

 

逆に、安価であっても長くかかるように勧める治療院は、考え物です。

 

結果、時間もかかり料金も高額になったりすることもあります。

 

個々の考え方かも知れませんが、1回の整体料金にとらわれず、いかに信頼できお願いしているカラダの原因を分かって頂けるかになるでしょう。

 

お医者さんでも同じことが言えますが、早く分かって頂ける整体師さんに出会えることを願います。

 

この内容が少しでも気づきと、お役に立てればと思います。

関連ページ

急性腰痛は内臓疾患・この原因を運動療法で効果あり
運動不足により腰痛になるの・そう思っているあなた内蔵疾患かも
女性の腰痛で婦人科系の内臓疾患が原因かも
女性の腰痛で婦人科での内臓疾患の疑いがあることを考えて長く続くようでしたら医療機関を受診してください
暴飲暴食・内臓の崩れが腰痛の原因に
暴飲暴食で内臓が疲れると腰痛がおこる可能性も
にじ的腰痛・食ものが原因・カラダの中から整体を
日々の食事は大切・しかし知らず知らずに内臓を疲れさせ腰痛になることも
腰痛が原因で小西綾乃が戦力外通告
2015年12月に腰痛が原因で小西綾乃が芸能界を引退したというのはほんと
スマホ操作での腰痛の原因は姿勢・整体で体のバランスを
現代におこりうるスマホ依存で姿勢の悪さで腰痛に・整体で体の調整が可能
ぎっくり腰痛・内臓疾患との原因とは
ぎっくり腰の経験はありますか・内臓の疲労でおこりうる内臓疾患
その腰痛【内臓疾患】原因究明は整形・内科・それとも整体
腰の痛みの腰痛・どこに行けばいいんだろうとお悩みの方・整体なのかなぁ
背部の違和感や腰痛は内臓疾患の危険信号かも
背中が痛くなることはないですか・頻繁に違和感を感じるときは内臓疾患の疑いがあるので適切な医療機関にいきましょう
腰痛からの筋肉の張りは内臓疾患かも
腰痛で筋肉が張ると疲労での痛みと思いがちですが・もしかすると内臓が影響した内臓疾患かも

 
ホーム 施術のご案内 施術者紹介 施術方針・料金 店舗概要・アクセス お問合せ・ご相談